スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

娘達の言葉

2010年2月23日に《胃捻転》のため10歳で亡くなった娘(犬)黒ラブのエルフ。
唯一我が家で生まれた仔、エルフ。

そのエルフを私の勉強不足と不甲斐なさで逝かせてしまった。

このエルフが亡くなってからひとりでずっと考えてた事があった。



志村けんさんの番組に出演されていた、動物と話せる女性ハイジさん(だったかな)。



こういう方が近くにいてくれたらエルフとお話ができるのになと。
思い続けて3年・・・・・・。。。


いらしたんです。


最初は、エルフの事で頭がいっぱいだったからエルフの仔とだけをと思っていたのですが全ての仔をみていただきました。




“信じる信じないは、飼い主さん次第ですから・・・。”

亡くなった順に。


 9ヶ月で《慢性腎不全・尿毒症》のため亡くなった イヴ
画像 066

イヴの腎不全は生まれつきのものでした。
この仔の犬生はすごく短かったけど、普通のワンコが生まれてから老衰で亡くなるまでの犬生をイヴは9ヶ月間であじわったそうです。
だから若くして亡くなったけど十分犬生を過ごしたみたいです。
それに我が家に来るべきして来た仔だったみたいで、イヴはとても幸せだったと言ってくれました。
あと首に赤い物を巻いてもらった事があるみたいで、それは私のだからねと主張してるそうなんだけど、
イヴちゃん ごめん 何を巻いてあげたか忘れてしまった(今度 探しておきます)
あとバナナが大好きだとも言ってました。
私がイヴの事を思うと必ず左側に脚側停座をして私を見上げているそうです。



 10歳で《胃捻転(手術をしてもらえなかった)》のため亡くなった エルフ
画像 692

エルフはとってもきゃしゃな仔でした。
大きな病気はしなかったけど、避妊の手術をした1週間後に《乳腺腫》が見つかり再度手術をしたぐらいです。
本当に本当に可愛い仔だった。
我が家の子達の中でエルフが唯一自慢できる事は、生まれてから亡くなるまでの間1度たりとも私達(もちろん他の人にも)に向かって『ウゥ~』と唸った事がない。
おやつを銜えてるのを取ろうとしてもご飯(ドッグフード)を食べてる時に手を入れても何をしても唸る声を聞く事はなかった。
それ程良い仔だっただけに助けてあげられなかった自分自身をずっと攻め続けていました。
だからエルフの事を思い出しただけで毎回泣き続けてました。
そんな私を反対にエルフは心配をしてたみたいです。
《胃捻転》になった時はやっぱり凄く苦しかったそうです。
でも、それ以上に楽しかった事の方がいっぱいあったので、私には自分(エルフ)との楽しかった事をこれからはずっと思っていてと言ってました。
あとエルフが怒ってると言われたので何かなと聞いてみると、クイーン(エルフの母親)が太った時にダイエットをしてたんだけどエルフもダイエットよと言って野菜を煮ただけのをクイーンと一緒に食べさせてたんだけど、その事に怒ってたみたいです。
『おかあさんはダイエットダイエットって言ってるけど、私そんなに太ってないわよ
だそうでした。ごめんよ。
エルフの大好きな物は“ドッグフード”が好きと言ってました。
私がエルフを思い出して号泣するたびに涙をペロペロとなめてたんだけど、それを私が気がついてくれないと言っていた。
そして私が思い出すたびエルフは私の背中の方にいて肩に前足を置いてるらしい。

私は、イヴとエルフに守られてそうです。





 13歳で《拡張型心筋症》の心臓発作で亡くなった クイーン
画像 1082

クイーンは我が家にやってきた最初のワンコです。
ブリーダーさんのところに黒ラブのパピーが2頭いたので、どちらを連れて帰るか決めるために離れた所から呼んでみたら私達のところに1頭が歩み寄ってきた。
私は、歩み寄ってきた仔じゃなくそのままジッとしてた方の仔を選んで連れて帰った。
とぅちゃんは『おとなしいけど大丈夫か?』と言ってたけど、この仔を選んだ私の目に間違いはなかった。
家に帰って部屋に入れた途端、走り回るほど元気が良かった。
クイーンは鳥系を食べさせると皮膚がグチュグチュになるので、なるべく入ってないか少ないドッグフードを食べさせていた。
でも、クイーンも亡くなるまでは本当に大きな病気は1度もしなかった。
私が言うと本物の親バカになってしまうが、とっても頭の良い仔でした。
ボール遊びが好きな仔で、色別でボールを持って来れるようになってた。
青と言えば青ボール、黄色と言えば黄色ボールを持って来ていた。
それに自分で自分の体調をコントロールができ、ボール投げでも自分が疲れたと思えばいくらボールを投げても取りに行かないし、自分が大丈夫だと思えば倒れるんじゃないかとこちらが思っても拾いに行き続ける仔でした。
そんなクイーンも11歳の頃から息づかいが少し荒くなってきてた。
ガンガンに冷房を効かせた部屋にいてもハァ~ハァ~言ってた。(この時はどうしてなのか分からなかった)

クイーンより後から来たイヴが先に逝き、自分が産んだエルフも先に逝き二人を見送って昨年のエルフと同じ2月の8日に亡くなった。
13歳だから大往生といえば大往生なんだけど、まだまだ頑張れると思っていた。
そんなクイーン  
本当だったら亡くなる2年前から息づかいが荒くなってたけど、その頃がクイーンの本当の命日になってたらしいんだけど、クイーンがイヴとエルフが先に逝ったもんだから自分がもう少し頑張って長生きをしなくちゃいけないと思って寿命以上生き続けてくれてたらしいです。
そのためか亡くなった後、虹の橋を渡る体力がなく我が家にまだいて寝てるそうです。
生きてる時に寝てた場所に寝ていて体力が回復次第上って行くらしい。
とっても優しい優しいクイーンでした。

何故だか知らないけど、クイーンとエルフは私達夫婦の事を『パパちゃん』『ママちゃん』と呼んでいたそうです。



長くなったので、エヴァの事はまた次回にします。




イヴもエルフもクイーンも我が家の娘でいてくれた事が本当に幸せだったというのが分かって良かったし、この日から私もエルフの話をしても心の詰まりがなくなったのか号泣をしなくなりました。

今回こんな経験をさせてもらって私自身は助けていただいたようで本当にありがたく思っています。


画像 882
親子2ショット(左エルフ 右クイーン)


画像 023
本当に小さかったイヴ(これで3ヶ月 私の足と比較)


スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

エル

Author:エル
☆ 我が家のボス : とぅちゃん 3月16日オギャァ~

☆ 我が家の長女 : クイーン 1998年4月9日オギャァ~
(2012年2月8日オヤスミナサイ)

☆ 我が家の次女 : エルフ 1999年5月22日オギャァ~(2010年2月23日オヤスミナサイ)

☆ 我が家の三女 : イヴ 2005年6月22日オギャァ~(2006年4月15日オヤスミナサイ)

☆ 我が家の四女 : エヴァ 2006年11月25日オギャァ~


☆ 子供達の世話係 : エル 3月6日オギャァ~


★クイーンとエルフはブラックのラブラドールレトリバー
★イヴとエバはチェサピークベイレトリバー


※エヴァがひとりっきりになりましたが、四人分(頭分)の賑やか さを持ってるので淋しさを紛らわしてくれてます。 




☆ セカンドブログはこちらです。
http://blog.livedoor.jp/
queen_elf_eve/
?blog_id=1359253

☆初めてのブログ
 http://www1.ezbbs.net/
30/kingutyan/       
 

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブロとも一覧
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。